FLOW

当工房の家作りの流れ

Step1. まず始めはご相談

新築、リフォームの建築のほか、土地の有効利用方法等まで何でもお気軽にご相談ください。
少しでもご興味をお持ちになりましたら、電話や問い合わせメールからご連絡ください。
お時間が取れれば事務所にご来房ください。
直接建設地を見ながら、またはご自宅に伺ってのご相談でもかまいません。

ご希望の家づくりに関する具体的な条件やご予算、お好きなデザインや空間、趣味やライフスタイルなどゆっくりお話をお聞きします。建設予定地が未定の場合はどこに建てるのがいいか、候補地があって迷っている場合でも設計の立場からアドバイスをさせて頂きます。(ご相談は無料です。)

Step2. 提案プランの作成

次のステップとしてご希望いただければ提案プランを作成させていただきます。建設予定地にて測量し、立地環境や現況と近隣状況を確認し、日照や風の通り、その土地を熟知して設計します。

関係諸官庁等の法規制や諸手続き等の事前調査をします。ご希望される要望や諸条件を検討し、最も優れた計画案をご提案させていただきます。さらに今までの積み重ねられたデータを元にして概算工事額を算出します。そのデータから求めた設計監理費を含めた全ての概算事業費についてもご提示させていただきます。全体でどのくらいのコストになり借入の場合どのくらいの借入額になるかといった指標としても役立ちます。

Step3. 設計契約

プランを気に入っていただき、ご信頼を頂けたら設計契約を結びます。契約時に法律に基づいた重要事項の説明もさせていただきます。

Step4. 基本設計

何度も打ち合わせを重ね、さまざまなご要望をお聞きし基本計画をまとめていきます。より具体的に把握してもらうよう3Dの立体画像を作製してご覧いただいています。この時点ではより理想のものになるよう ご意見を聞き何度も案を考え検討を重ねていきます。図面は配置図、平面図、立面図、断面図、3Dパースを作成します。

Step5. 実施設計

基本設計が終了した段階で、次の実施設計に移行して良いかどうかの最終確認をさせていただきます。了解をいただけたら実施設計に移っていきます。基本設計をもとに、仕上、構造、設備等より細部にわたって設計を進めていきます。図面では基本設計での図面の他に仕上表、展開図、天井伏図、建具表、各詳細図、構造図、家具図、電気図、設備図、等を作成します。

Step6. 工事見積、施工会社の選定

今回の工事に相応しく信頼性のある、あるいは今までに施工を担当して良好だった施工会社を相談しながら数社選定します。見積依頼をし提出された見積書の内容が適正であるか、見積落ちがないか等比較検討精査します。最終的には建て主に費用的メリットが生じるよう努力します。信頼性を最終確認し施工者を決定します。

Step7. 建築確認申請

工事見積とほぼ並行して着工までに行政あるいは検査機関に確認申請等の書類及び図面を作成し
手続きを代行します。この時点で建物の配置位置や間取りや開口部の変更などが基本的にはできなくなりますから注意が必要です。

Step8. 施工会社との工事契約・着工

工事見積が予定額に合うと次に工事契約となります。設計者として工事契約に立ち会い、工事監理者としても押印します。着工後は設計図書に基づいて適正に工事がされているかチェックします。さらに施工図の検討と承認、見本品の提出確認、詳細部の納まりチェック、色決め、仕上げ決定をおこない打ち合わせを重ね、変更等が生じた場合には工事金額の査定をおこないます。工事途中での施主の意見や希望を現場サイドに伝える仲介約ともなります。

Step9. 工事完成・引き渡し

完成した建物が万全であるか設計監理者として引き渡し検査をおこない、不備がある場合は手直し工事を指示します。関係官庁等の完了検査書類を作成し、検査を受け検査済証の発行を受けます。そして各機器類の取扱説明を受け保証書をチェックし、引き渡しに立合います。追加や変更工事分についての金額を査定し工事金額の調整をします。

Step10. 完了後

引き渡し1年後に不具合があるかどうか1年検査に立ち会います。その後であっても不具合等については随時相談を受け施工者と相談する窓口となります。住まいながらライフスタイルの変化に伴う増改築や家具備品類等相談に応じ、末長くおつきあいをさせていただきます。