四季を眺める家 地盤調査

2021年11月16日  •  By  •  0 Comments




















四季を眺める家 地盤調査を行いました。
敷地には元々住宅がありましたが約1mの傾斜があり、クライアントさん自営工事で擁壁と盛土工事を行いました。
調査結果は盛土の深さが不均一であり不同沈下の恐れがあるため要地盤改良という結果となりました。
敷地からは日の出から日没まで一日中陽光が差し込み、松川町の眺めを独り占めといった素晴らしい眺望です。
前庭で家庭菜園を楽しみながら大きなデッキの下でのんびり時を過ごすことができます。